トップページ


ブルーマウンテン 1 クライスデール

・1953 年、ジャマイカ政府は、ジャマイカコーヒーの品質管理を目的に、
コーヒー インダストリー ボード(CIB)を創設しました。
ジャマイカは地理的 な特定地域をコーヒーの銘柄として定義づけし、
ブランドを構築した国です。
フランスのワイン、チーズ、バターなどに与えられる認証、
アペラシオン ドリ ジーヌ コントロレ(AOC)と似ています。
ジャマイカから輸出されるコーヒーはすべてCIBの管理のもと輸出され、
とりわけ法律で指定されたブルーマウン テンエリアで
収穫されたコーヒーです。 
           
・クライスデール地区は、セントアンド リュー教区内の平均標高1000メートルの
コーヒー生産地として知られ、ブルーマウンテンコーヒー生産地の
中央に位置しています。
近くには国内最大の国立公園と森林保護区であるグランドリッジがあります。


・クライスデール地区の生産者は、ティピカ種の素晴らしいコーヒーを
作り続けています。
クライスデール地区で収穫されたブルーマウンテンNo.1コーヒーの
アロマをお楽しみください。



生産国 ジャマイカ
地域 セントアンドリュー教区、クリフトンマウントおよび
クライスデール
生産者 セントアンドリュー教区、クリフトンマウントおよび
クライスデールの生産者
クロップ 2016/2017
規格 NO.1
欠点規格 3%未満
スクリーン スクリーン17/18
木の品種 ティピカ
その他 標高1,000−1,250メートル、
天日および機械乾燥併用
精製方法 フルウォッシュド









撮影2017年11月8日